So-net無料ブログ作成
検索選択

起動した後すぐ画面が真っ黒になるVistaの緊急回避的対応策 [パソコントラブル]

スイッチを入れて、BIOSWindowsロゴまでは行くんですが
デスクトップが表示されるかどうかの瞬間でモニタの接続信号が切れて画面が真っ暗な状態に。

画面が見えないので、再起動のショートカットキー(Winキー+→x3回+R)でリブートののち、
F8押下でセーフモード起動。

そこでは画面は出るので、これはオンボードIntelドライバが壊れているのかと
ドライバ削除、公式から最新ドライバをダウンロードして入れなおすとー
やっぱりダメ。

どうやらVistaが画面解像度を勝手に自動調整しようとして失敗してるようにみえるので
またセーフモードに入り最小の640x480に設定してから再起動するとー
一瞬デスクトップを表示してすぐ真っ黒。
やっぱり勝手に自動調整しようとするようです。

らちがあかないので、
・セーフモードでデバイスマネージャーからディスプレイドライバを無効(標準VGAドライバを強制化)
・通常再起動
・標準VGAドライバで画面が表示されている状態でデバイスマネージャー>ディスプレイドライバ有効


コレで一応普通に使えるようになりましたが・・・
Vistaはさっさと投げ捨てたほうがよさそうです。。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。